水素水ってなに?

水素水ってなに?のサイトです。水素水のこといろいろアップします。

スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | -

スポンサードリンク

水素水とがん
水素水は、がんに効果があるといわれています。それは、活性酸素が、がんの原因とされているためです。水素水の抗酸化作用が大きな効能をもたらすと考えられているわけです。



活性酸素を作り出すもののひとつとして、ストレスがあるといわれています。ストレスによってつくりだされた活性酸素を除去することが水素水で出来ることは、動物実験ではありますが確認されています。



がんは、活性酸素によって遺伝子が傷つけられることで発症するとされています。水素水はその活性酸素に抗酸化物として働くことでがんの発生を抑制することができると考えられているわけです。



がんになるとそのストレスはかなりなものになると想像できます。そんなとき、水素水は、ストレスによってつくられる活性酸素に抗酸化物として有効に働くことが推測できます。


がんは免疫系のバランスが崩れると進行し、そのバランスを正常にもどすと、自己免疫力によってがん細胞を消滅させることが出来るとする説があります。これは、新潟大学大学院の阿保徹教授が唱えているものです。



私たちの身体を守る白血球にはマクロファージ・顆粒球・リンパ球の3種があり、5:60:35の比率で血液中に存在します。そして、顆粒球とリンパ球の比率はストレスの度合いによって決まるというのです。



ストレスが大きいと顆粒球が増え、ストレスが小さすぎるとリンパ球が増えてしまうというのです。ですから、がんになったら、ストレスを除くことで顆粒球とリンパ球の比率を60:35にすることを第一に考えるべきだというのです。そうすれば、自然治癒力が働いてがんを消滅させることが出来るというんです。



水素水はがん細胞を直接攻撃して排除する作用はありません。しかし、その水素が活性酸素を還元して無害化します。がんの予防もしくは進行を止めるには効果があると思われます。



その結果、がんに対するストレスが軽減されて自然治癒力が働くならば、がんを消滅させることも可能といえます。以上はひとつの仮説に過ぎないません。今後の研究に期待したいところです。

水素水 最新一覧 By 楽天


























































JUGEMテーマ:がん全般


| 水素水とがん | - | - | -

このページの先頭へ